MENU

福ちゃんで高額になる帯と価値が付きにくい帯!

 

福ちゃんでは帯単体での買取も行っていますが、帯には高額になりやすいものと、価値が付きにくく最悪引き取りになる帯があるようです。

 

この両者の違いをまとめているので帯を処分しようと考えている方は参考にしてみてください。

 

高額になる帯

ブランド・有名作家物

高級呉服店のものだったり、龍村平蔵など有名作家が手掛けた帯は高額買取に対象です。

 

種類

袋帯、名古屋帯で特殊な織りをしているものは買取金額がアップしやすくなります。

 

付属品が揃っている物

帯の価値を示す証書や専用の収納袋など、帯に付属されていたものが残っていると価値が高まります。

価値が付きにくい帯

古い帯

江戸〜昭和初期のアンティーク帯というのを覗けば一般的に古い帯は価値が付きにくくなります。
帯は10年〜20年経過することで価値が下がりきってしまうと言われています。

 

保管がしっかりしていない帯

帯がひどく汚れてしまっていたり、カビやシミなどが多いものは次の利用者から敬遠される傾向があり、業者としても高額での買取はあまり付けることはありません。

 

 

以上が福ちゃんで高額買取になりやすい帯とそうでないものでした。

 

まとめ

高額買取になるものは購入時も高い帯なので当然といえば当然ですし、値段が付きにくい帯も古い物や汚れが目立つものなのでしょうがない部分はあります。

 

では、上記に当てはまらない無名作家のものや高価ではない帯は価値が付かないのか?というと、そういう訳でもなく福ちゃんは専門の鑑定士がいるので着物業界の需要などから判断して、人気の傾向や柄までをしっかりと査定するので通常のショップよりも価値が付きやすくなります。

 

また、自社で丸洗いやシミ抜きクリーニングもやっているので、シミや経年の汚れがある帯でも価格が下がりにくくなっています。

 

 

≪福ちゃんの良い口コミと悪い口コミを確認する≫

 

このページの先頭へ
FX Online Japanクチコミ情報