MENU

有名作家の着物でも買取金額が安い!その理由とは!?

考察

 

人間国宝や有名作家、工芸品など購入時に何十万・何百万する着物であっても着物の査定をしてみると期待していた金額よりも安かった!という場合があります。

 

通常の買取であれば高値が付くことは間違いないのですが、価値が下がるには理由があるようです。

 

高価な着物でも価値が下がる理由

コンディションの低下

一番買取金額が下がるのが着物のカビや虫食い、襟元の変色やシワが付いてヨレていたりなどです。

 

これらは保管方法や着用後のクリーニングである程度防ぐことはできますが、長期間袖を通していない場合は定期的に行う必要がある陰干しなどの手入れが行き届かずこういったコンディション低下に当てはまる着物が多いようです。

 

付属品の紛失

着物の購入時の付属品がないと減額されるケースがあります。

 

例えばフルセットで購入した着物であれば帯や白足袋、衣装ケースなどですね。
それてもっとも価格を左右するのが着物の証明証となる証紙(ラベル)です。

 

ギターや時計など高級な物にはそのブランドを示すものが付いていますが、着物の場合も品質を保証する証紙が有るか無いかで金額に大きな差がでます。

 

仕立てサイズ

着物を仕立てられた時はあなたのサイズに合わせてあると思いますが、手放すことになると他の人が着用することになるので、次の人のサイズに合わせる必要があります。

 

ですので、次の人に仕立てることができるように色仕立て直しができるサイズの着物であれば減額査定は少なくなります。

 

まとめ

人間国宝や有名作家、工芸品など購入時に高くても上記の様な理由で買取時に減額されてしまう場合があります。

 

すべての買取業者が当てはまるわけではありませんが、その可能性が高くなってしまうので、もし手放そうと考えているなら着物の価値を分かる専門家がいるところにお願いする方が良いかもしれませんね。

 

 

このページの先頭へ
FX Online Japanクチコミ情報